不動産担保ローンの選び方について

かかる諸費用や返済のシミュレートも大事

月々の返済金額をシミュレートし、自分の収入と比較しておく必要があります。
なお、支払いに余裕がある場合にも、そこで安心しきってしまうのはちょっと考え物です。
不動産担保ローンに特有の事項があるからで、それは返済期間や返済方法に大きく関係しています。
返済金額に余裕がある場合、考えられるのは返済期間を短くして月々の返済額を増やせばよいとするケースと、返済途中にある程度のまとまった金額を繰り上げ返済しようとするケースが主に考えられるでしょう。
いずれも利息負担を少なくする意味で有効な方法です。
ところがここに大きな落とし穴が待っていることがあります。
このようなことをしようとしても、最終的に金融機関に支払うお金の合計は対して変わらない場合があるからです。
どういうことかというと、月々の返済金額を増やして返済期間を短くしようとしてもそういう返済期間の設定が認められていなかったり、あるいは返済期間を短くすることでなぜかより高い金利が提示されたりすることがあります。
あるいは、返済期間の途中に繰り上げ返済をしようとすると、これまたなぜか高額の違約金が請求されたりすることがあります。
これは結局のところ、金融機関の利益が確保されるようにする方策と言うことができます。

決めた!損切りはしないので、他業者解いてぶち込むことにした。

113に行ったら高値つかみのドル預金と思う。
同額の米債仕入れる。
債権担保で海外不動産購入する。
不動産は保有貸出し、転売、優先劣後付けてリート組んでも良い。

方針さえ決めればスキームの練り返しだけで簡単だなぁ。

— Miss 蔡💕fx界の高嶋ちさ子💘を目指す乙女。 (@VOc9MawnKnrCfAd) 2019年4月14日

不動産担保ローンは相手先の金融機関も慎重に / かかる諸費用や返済のシミュレートも大事 / 契約に納得できる金融機関を選ぶこと