不動産担保ローンの選び方について

契約に納得できる金融機関を選ぶこと

不動産担保ローン : 不動産担保ローン高額融資

金融機関側の言い分としては、低い金利が提示できるのはそれだけ長い返済期間を設定させてもらっているからで、返済期間が短くなるのであればそのような低い金利は提示できず、高い金利になりますということになるのですが、どう見ても説得力があると言いがたいこの言い分が通るのは、つまりは金融機関側の利益が確保されるようにするためなのです。
もちろんこのようなことは全て契約書に書かれていることですので、契約書に印鑑を押した以上は反論は許されないのですが、一般常識からするとちょっと外れていますので、うっかりすると割り切れない思いだけが残ることになります。
このようなことが不動産担保ローンの世界では常識であると理解した上で、自分で納得できるまで説明を求めるようにすることくらいしか防衛策はないでしょう。
納得できなければ別の金融機関を当たるだけのことです。
契約前であれば金融機関を選ぶ自由はこちらにあります。
このように、単に融資金額と金利だけでなく、それこそ契約書の一言一句まで読んで納得するくらいの気持ちで事に当たる必要があるでしょう。

不動産担保ローンは相手先の金融機関も慎重に / かかる諸費用や返済のシミュレートも大事 / 契約に納得できる金融機関を選ぶこと