肘は露出することが多い部分であるがために、黒ずみも非常に目だってしまうパーツです。

 

黒ずみがあると、それだけで腕全体のトーンが暗く見えますし、そして何か不潔な印象を持たれてしまいます。

 

また、肌がガサガサするのを自分でも感じますし、ちょっとした刺激によってかゆみや痛みが生じることも。それで気になってかいてしまうと、角質がめくれ、粉がふいたようになりますよね。

 

 

肘の黒ずみの原因

肘の黒ずみの原因は大きく言えば、メラニン色素の沈着と角質の肥厚化です。そして、これらを引き起こしている「刺激」「圧力」「摩擦」です。

 

紫外線や化粧品、薬剤などからの刺激や、体重をかけたりすることで生じる圧力、そして普段いろんな所に肘がこすれて生じる摩擦により、皮膚はダメージを受けているのですが、このダメージが内部に入らないよう、肘は角質を分厚くしたり、皮膚内部でメラニンを生成して自己防衛をはかります。

 

そのため、肘は角質が分厚く積もりやすく、それが酸化したりくすんでしまい、黒ずみを作ってしまいます。

 

また、皮膚で作られたメラニンはターンオーバーによって排出されますが、これがうまくいかないと沈着してしまい、黒ずみとなってしまいます。

 

 

肘の黒ずみを対策するには

黒ずみ対策のためには、「刺激」「圧力」「摩擦」を極力避け、同時に角質をケアし、ターンオーバーを促してメラニンを排出する必要があります。

保湿:角質対策

角質対策としては、基本となる保湿をしっかり行ないましょう。皮膚のバリア機能を高めることで、刺激・圧力・摩擦を防ぎ、角質の蓄積を防ぎます。

 

肘は皮脂腺や汗腺がなく乾燥しやすいため、皮膚のバリアが壊れやすく、また角質が厚く積もって化粧水なども浸透しにくいため、浸透力が高く作られているものがベターです。

 

ターンオーバー改善:角質・メラニン対策

メラニン色素の排出を促すためにターンオーバーを促しましょう。これは古い角質の除去のためにも有効です。具体的には、ターンオーバーを促す成分を摂取すると共に、規則正しい生活習慣を続けていくことが大切です。

 

美白成分を使用:メラニン対策

メラニン色素の分解や排出に効果の高い美白成分を配合した化粧品や薬用製品によるケアも、黒ずみ対策として非常に有効です。

 

メラニンに有効な美白成分が厚生労働省で定められているので、それらを含む製品は非常に効果が高く、皮膚科でもそういった薬剤を利用した黒ずみ治療が行われています。

 

原因と対策がハッキリ解明されるようになってから、肘の黒ずみ対策用アイテムも多くなり、その性能もどんどん上がっています。

 

上記の原因・対策の観点と、インターネット上のクチコミなどを参考に、独自基準で肘の黒ずみケアに有効な商品をランキング形式にしてみました。

 

肘の黒ずみでお悩みの方は、参考にしてみてください。

肘の黒ずみ対策|人気おすすめ商品ランキング

ピューレパール

ピューレパールは医薬部外品の美白ジェルクリームです。

 

肘をはじめとする皮膚の黒ずみや、二の腕などのボツボツを改善する効果があります。

 

モンドセレクション賞を獲得するほどの質の良さも魅力です。口コミや第三者機関の調査でも軒並み絶賛されており、たくさんの女性の皮膚のトラブルを解決しているという事が分かります。

 

ボツボツや黒ずみの要因となる皮膚への刺激、疲れに対して、たくさんの美白栄養素と保湿成分が、オリジナルのナノテクノロジーにより奥部にまで染みわたってくれます。

 

ピューレパールだけで、皮膚をベストなコンディションに近づけていくことが可能です。刺激物・添加物フリーである事は当然として、全製造過程を国内の工場で進めていますから、成分に関しても品質に関しても、安全性は抜群です。

 

コンパクトサイズでお洒落なので、職場や旅行などにも携帯しやすくなっており、かなり利便性が高いです。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,750円 30g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

アットベリー

発売元はメニーナ・ジュー。アットベリーは薬用のオールインワンジェルです。

 

皮膚への刺激が原因で生じるボツボツや黒ずみをターゲットとして、その要因に適した有用成分が入った新発想の肌ケアアイテムです。

 

オリジナルのトリプルケアで、皮膚の「外」と「内」からケアをして、さらに皮膚の表面にベールを纏わせて、皮膚を保護しつつ状態を整えていきます。

 

肘や脇の下の黒ずみや、背中や二の腕のボツボツなどに向けた商品であり、潤いキープと美白作用で、皮膚本来の美しさを復活させます。朝と夜2度のケアでOKという手軽さも魅力です。

 

皮膚への刺激を最大限にカットした美容成分がたくさん入っており、添加物などの有害成分は全く入っておりません。さらに、厳格な審査ラインをパスした日本の工場のみで作れらていますので、品質も最高です。

 

女性の味方で、肘をはじめとして全身に使えるオールインワンジェル。それがアットベリーです。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 4,800円 60g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

ラスター

ラスターは肘の黒ずみ対策に有効な薬用クリームです。

 

メラニンの過剰生成を抑えるトラネキサム酸をはじめとして、5つの美容成分を含有しており、消えにくい肘の黒ずみをケアするだけでなく、酸化によるくすみにも有効です。

 

美容成分はナノ化されて角質の奥まで届きますから、深く沈着してなかなか取れなかった黒ずみにも効果を発揮。保湿もしっかりして肌のバリア機能を高め、黒ずみの再発を防止します。

 

美肌効果を促進し、心身のバランスを整えてくれる精油成分も好評で、使い心地が良い薬用クリームだと評価されているようです。美しい肌を保ちたい女性たちに、心強い味方となってくれそうですね。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,750円 60g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

ロコシャイン

ロコシャインは肘の黒ずみが気になる人におすすめの薬用ケアクリーム。2015年のモンドセレクション銀賞受賞の品質確かな商品です。

 

美白成分の働きによって気になる肘の黒ずみの主犯となっているメラニンの生成を抑制し、排出を促します。また、関節部分に特有の乾燥を防止するための潤い成分を豊富に配合。天然成分が肌に潤いと、強いバリア機能を回復させてくれます。

 

お肌に優しい無添加・低刺激にこだわって作られているのもポイントです。そのため、肘や膝だけでなく、全身のいろんな部分にも利用できます。

 

デザインも化粧品みたいで大好評なロコシャインは、家でも外出先でも使いやすい頼もしい黒ずみケアアイテムです。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,800円 50ml (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

ピーチローズ

「ピーチローズ」はお肌のシミ・黒ずみに悩む女性のための、薬用美白ジェルです。

 

エステのプロが開発したというピーチローズは、豊富な美容成分だけでなく、肌へ対するマッサージ効果が高いことも特徴です。

 

厚く積もった角質層にも低分子のヒアルロン酸やセラミドをはじめとした保湿成分が、しっかりと潤いを与えて乾燥を防ぎ、美白成分のプラセンタとアルブチンがしっかり黒ずみを抑制・排出。

 

ターンオーバーを促して、肌の本来の白さを取り戻します。

 

黒ずみケアだけでなく、多くの肌悩みに対して有効なピーチローズは、利用者の多くが満足と評価。無添加で使いやすい、厚生労働省承認済の国産医薬部外品です。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 5,195円 60g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

ホスピピュア

シーオーメディカルの「ホスピピュア」は、あの湘南美容外科が共同開発した、話題の薬用美白クリームです。

 

メラニン色素を生成するメラノサイトの活動から抑制するトラネキサム酸をはじめ、メラニン色素に働きかけて肌の黒ずみやくすみを予防・改善する成分をぎゅっと濃縮。

 

当然、保湿や肌のターンオーバー促進の有効成分も配合しているので、肌は潤いを保ってしっかり刺激に対する抵抗力を保ち、もっちりとした、健康で美しい状態を維持することができます。

 

5つの添加物フリーで、子供や肌質の弱い方でもオーケー。全身のどこにでも使える万能美白クリームですから、肌の色あいが気になる女性たちの強い味方になりそうですね。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 5,500円 30g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

シルキークイーン

シルキークイーンは、肌の炎症ダメージに着目した人気の黒ずみケアクリーム。

 

ムダ毛処理の炎症から来るダメージや、普段の生活中の摩擦や圧迫などによって、黒ずんでしまった肘のケアに特に有効です。

 

乾燥しやすく、バリア機能が低下しやすい肘のために保湿成分を豊富に配合し、また炎症を抑える成分を豊富に配合。肌や毛穴のダメージケアを通して、肌のトーンを明るくしてくれます。

 

無添加製法ですから、肌にも優しく、また品質管理のしっかりした国内工場生産で、安心して使用することができます。

 

肌に白さと健康を与えてくれるミルキーローション「シルキークイーン」は、肌の黒ずみに悩む女性に嬉しい薬用化粧品です。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,980円 60g (約1ヶ月分) 肘,黒ずみ,ケア

 

肘を黒くしてしまう習慣

腕を出したい季節になれば、気になるのが肘の黒ずみです。自分の肘をしばらくちゃんと見ていなかったという時には、思わずハッとしてショックを受けてしまうこともありますよね。

 

肘の黒ずみは一日で生じることはありませんから、普段やっている動作や習慣が積み重なって黒ずみを作っているはずです。どういった習慣が肘を黒くしてしまうのでしょうか。

 

肘が黒くなるのはメラニン色素の働き

まず、肘が黒くなるのはメラニン色素の働きによるものです。このメラニン色素というのは、皮膚が刺激を受けた際に、その刺激から皮膚の内部を守るために作られるものです。

 

それ自体は有害なものではありませんが、これが過剰に生成されると排出がうまくできずに色素が沈着して残ってしまいます。このメラニンを作る原因は、大まかに「摩擦」「刺激」「圧力」とされています。

 

肘を黒くしてしまう習慣

肘をつく

ちょっとした時に肘をついてしまうクセはありませんか?壁にもたれる時や、読書をするために本を支えたい時、こういった場面で無意識に肘をついてしまう人は気をつけましょう。

 

頬杖をつく

普段からついつい頬杖をついてしまうという人は、肘に圧力をかけてしまっているため、皮膚が黒ずんでしまいます。

 

化学繊維の服が多い

肘は日常的に衣服と摩擦を繰り返しています。肘に生じる摩擦を徹底的に防ぐなら、衣服にも気を使うべきです。化学繊維の服は摩擦が大きくなりますので、なるべく天然素材の服を選びましょう。

 

お風呂でゴシゴシこする

お風呂で肘を洗う際に、ゴシゴシとこすっていませんか?入浴中は、特に皮膚の角質が水分を吸って柔らかくなっていますから、ゴシゴシこすると古い角質が落ちるのは良いですが、必要な角質まではがれてしまうことがあります。

 

そうなってしまうと、肘は非常に刺激に弱くなるので注意しましょう。もちろん、タオルなどでゴシゴシこすること自体も刺激になり、肘を黒ずませる要因です。

 

夜更かし

肘と夜更かしは関係が無いように思えるかもしれませんが、皮膚のターンオーバーを促すためには夜更かしは禁物です。眠っている間に古い角質と共にメラニン色素も排出されていきます。

 

よって、ターンオーバーが順調でなければメラニン色素がどんどん蓄積し、肘が黒ずむようになってしまいます。

 

肘の黒ずみ治療法の種類があるの?

肘の黒ずみは肘の特性上、なかなか治すのが難しいと言われています。皮脂腺が少なく、乾燥しやすい上に、多くの刺激にさらされる肘ですから、黒ずみは当然できやすくなります。

 

この黒ずみを治療する方法にはどういったものがあるのでしょうか。

方法1:角質除去

肘の黒ずみが何でできているかといえば、酸化した角質や、メラニン色素です。これらを取り除くことができれば、肌のトーンは明るくなります。角質を取り除くと、中に含まれているメラニン色素も一緒に落せますから、黒ずみを取り除く効果が高いのです。

 

角質を除去するためには、スクラブ入りの洗浄料などを使いましょう。過度に行なってしまうと必要な角質も失われて、かえって黒ずみやすくなりますから、
一週間に一度くらいのペースで行なうのが良いでしょう。

 

ピーリング効果のある化粧品などを使うのも、角質を柔らかくして落ちやすくしてくれるので効果的です。エステや美容クリニックなどでは、強力なピーリング剤によって角質を落して、肘の色をキレイに見せるようにしています。

 

 

方法2:ターンオーバーの促進

肌の黒ずみの原因であるメラニン色素は、深く沈着してしまうと、単純に表面の角質を取っても取り除くことができません。こういったメラニン色素は、ターンオーバーを促進して排出します。

 

ターンオーバーを促す基本は栄養バランスの良い食事や十分な睡眠ですが、加えてターンオーバーを促すプラセンタなどの成分を摂取するのも有効です。

 

美容クリニックやエステのメニューには、ターンオーバーを促す効果のあるものもあります。即効性のある方法ではありませんが、着実に黒ずみを取ることができます。

 

 

方法3:レーザー治療

レーザー治療によって黒ずみの除去が可能です。この場合のレーザーはいくつか種類がありますが、ひとつは黒ずみの原因になるメラニンを刺激して破壊するものです。

 

もうひとつは、肌のターンオーバーを促進するためのレーザーです。レーザー治療は美容クリニックで行っていて、費用は高くなりますが、即効性が期待できる有効な方法です。

 

 

方法4:美白効果のある薬を使う

肘の黒ずみに対して、皮膚科ではハイドロキノンなどの美白効果のある薬を使います。これはメラニンを分解して排出させる効果が非常に高い薬で、病院で処方されるものは濃度も高く、非常に強力です。

 

また、使い方を間違うとかえって肌に悪くなることもありますので、正しい使い方をするようにしてください。その他にも、美白効果のある成分を含んだ市販薬もたくさん出ています。これらを使うと、自然に任せるよりもずっと短期間で黒ずみを除去することができるようになります。

 

黒ずみケアが高くなりがちな理由

肌が黒ずんでしまって困るという人は少なくありませんが、皮膚科や美容クリニックに行って治すとなると、費用面の心配があります。実際、黒ずみを治そうとすると、非常にお金がかかるものです。

 

というのは、ある事情で費用がかさんでしまうようになるからです。黒ずみ治療の前に知っておきたい費用の話を紹介します。

 

 

皮膚科で黒ずみは治る・・・けれども

皮膚科で黒ずみ治療を行うと、非常に強力なハイドロキノンやトレチノインといった薬が処方されることが多いです。また、必要に応じてビタミンC誘導体なども処方されるでしょう。

 

メラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼを抑え、メラニンを分解する作用を持つハイドロキノンと、ターンオーバーを促してメラニンの排出を促すトレチノインの組み合わせは、現状では最も高い美白効果を持つとまで言われています。

 

そして、メラニン色素の生成を抑えるビタミンC誘導体は、非常に浸透率が高く、そして安定した形で必要な部分に届くので効果的です。

 

ですが、これらの三つの薬に共通しているデメリットに、「肌が乾燥しやすくなる」ということがあります。ですから、これらを利用して肘の黒ずみを治す際は、保湿が必須となります。

 

そのため、美白剤と一緒に保湿剤が処方されるようになります。すると、塗り薬の代金に加えて保湿剤が必要になり、費用がかさむようになります。

 

 

黒ずみ治療は自由診療

黒ずみを皮膚科で治す際に、上記の薬剤で治療すると自由診療扱いです。上記の薬剤を全部合計すると、一か月分で15,000〜20,000円程度の薬代がかかります。

 

これで完全に治ってくれたら良いのですが、基本的に3ヶ月ほどを考えて治療をしていきますし、途中で何かしらのトラブルがあれば長期化することもあります。
定期的に受診が必要なことを考えると、診察料や交通費など、別の出費もかかってきますので、それだけ費用がかさむことになります。

 

 

トラブルがあるとさらに大変

ハイドロキノンなどの強力な塗り薬は、どうしても副作用のリスクもあります。たとえばハイドロキノンなら、部分的に皮膚が白くなる白斑が生じる恐れがあり、そういったトラブルがあればまた対策が必要になります。

 

かゆみや赤み、炎症が生じることも多く、肌の弱い人だと、薬の利用をいったん止めて、間を置いてから再開することになったり、治療がなかなか進まずに長期化することもあります。長期化は経済的にもダメージが多いので避けたいところです。

 

肘は普段から刺激や摩擦、圧力にさらされやすい部分です。刺激の強い薬剤で肌が弱っていると、トラブルが生じやすいので注意しましょう。

 

〜コラム〜
半袖やノースリーブの季節に肘が黒ずんでいるのは自分でも気になりますが、他人はもっと気にするものです。ここでは、肘の黒ずみの原因と対策をお教えします。
■肘の黒ずみの原因は?
肘が黒ずむ原因は、肘が摩擦やで圧力で刺激されるからです。普通の生活で肘は酷使されていて、肘を曲げる動作は頻繁になります。そうすると肘は知らない間に摩擦されたり、体重の圧力を受けたりして刺激されます。皮膚が刺激されると角質層が分厚くなり、これが黒ずみの原因になります。同時に刺激から皮膚を守ろうとして、体内でメラニン色素が生成されて、それが皮膚の角質層に沈着して、黒ずみになります。ですから、テーブルなどに肘をつく癖があると、体重の圧力が肘にかかるので、刺激を与えます。
■肘の黒ずみ対策
このような原因が分かれば肘の黒ずみ対策も分かります。つまり、肘に不必要な負担をかけないようにするのですが、たとえば片肘をつくようなポーズを避けることで、黒ずみの予防になります。特にデスクワークの多い人は気をつけましょう。また、皮膚が刺激を受けると体内でメラニン色素が生成されて、それが皮膚に現れてそのまま沈着して黒ずみになります。たとえば入浴やシャワーで肘をナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと、肘はもろに刺激を受けますから、黒ずみがひどくなります。
■日常生活で気をつけること
肘の黒ずみを予防したり、できた黒ずみを改善するためには、とにかく肘に刺激と圧力を与えないことです。また、入浴はシャワーだけでなく、浴槽にゆっくり浸かって硬くなった肘の皮膚を柔らかくしましょう。沈着したメラニン色素は身体の血行をスムーズにして肌の新陳代謝を高めることで改善できます。さらに薬用や料理用の重曹をオリーブオイルあるいは水で溶かして、それを肘に塗り込んで柔らかくなじませてから、ぬるま湯で洗い流して、水分を拭き取ってからしっかりとワセリンなどで保湿します。